初めての方へ

命門堂では、はり・きゅう治療を専門で行っております。
「はり・きゅう治療は初めてで…」という方でも、安心していただける施術に努めております。
はり・きゅう治療とは、生命力を高める治療です。
この治療は、自らの高まった生命力によって、「体に病気が入りにくい体」、「体に入った病気に打ち克つ体」へとなることを目指しています。
このような観点による治療ということもあり、さまざまな症状にも対応できますので、なんでも結構ですので、お体についてのご相談、施術内容に関するご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

※ お問い合わせフォームからも、ご相談、ご質問などを受け付けております。
お問い合わせフォームを表示

このような症状の時に

WHO(世界保健機構)は、1996年に以下の疾患について、はり・きゅう治療の有効性を認めています。

神経系疾患 神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
運動器系疾患 関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
循環器系疾患 心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
呼吸器系疾患 気管支炎・喘息・風邪および予防
消化器系疾患 胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
代謝内分秘系疾患 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
生殖、泌尿器系疾患 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
婦人科系疾患 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
耳鼻咽喉科系疾患 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
眼科系疾患 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
小児科疾患 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

上記にある疾患のほかにも、はり・きゅう治療で改善される、いくつかの症状を以下に挙げます。

関節・筋肉・神経が痛む 肩痛、四十肩、膝痛、ぎっくり腰、成長時痛など
内臓の調子が悪い 自律神経の失調など
疲労やストレス 肩こり、頭痛、だるさ、眼精疲労など
婦人科のお悩み 月経前症候群(PMS)など
妊娠中のお悩み つわり、逆子、腰痛、むくみなど
運動によるケガや予防 ねんざ、肉離れ、筋肉・関節の柔軟性など

※ はり・きゅう治療は、その他の症状であっても、いろいろ幅広く対応できますので、ご不安な事などございましたら、お気軽にご相談ください。

文字の大きさ

診療日

2020年8月
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

 色は休診日

2020年9月
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234

 色は休診日

ご予約電話番号

0859-57-5826

予約受付9:00 ~ 21:00

Skypeでご相談

Skypeログイン状態

携帯からアクセス

携帯でサイトのURLを読み込むことができます。

携帯電話帳へ登録

携帯の電話帳へ連絡先を登録することができます。

最近のブログ

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリ毎アーカイブ

月毎アーカイブ

2013年
2013年02月(1) 2013年01月(1)
2012年
2012年12月(1) 2012年11月(1) 2012年10月(3) 2012年09月(5) 2012年08月(15) 2012年07月(14) 2012年06月(1) 2012年05月(1) 2012年04月(1) 2012年03月(1) 2012年02月(1) 2012年01月(1)
2011年
2011年12月(3) 2011年11月(1) 2011年10月(2) 2011年09月(14) 2011年08月(27) 2011年07月(1) 2011年06月(2) 2011年05月(3) 2011年04月(2) 2011年03月(2) 2011年02月(3) 2011年01月(2)
2010年
2010年12月(5) 2010年11月(1) 2010年10月(1) 2010年09月(4) 2010年08月(8) 2010年07月(2)

投稿者毎アーカイブ

フィードの購読

ブログ